• ホーム
  • 薄毛に優しいシャンプーの選び方講座

薄毛に優しいシャンプーの選び方講座

脱毛に悩む女性

AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女子男性型脱毛症)は、頭皮環境の悪化が原因のひとつとなって引き起こされます。健康な頭皮環境を作り出すには、生活習慣の見直しなどが求められますが、シャンプー選びも重要な要素のひとつです。

基本的に、シャンプーは界面活性剤(洗浄成分)によって、主にアミノ酸系・高級アルコール系・せっけん系の3種類に分類可能です。アミノ酸系は天然成分由来であり、刺激が少ないというメリットがあるものの、刺激が少ない分洗浄力も弱いという特徴があります。高級アルコール系は、洗浄力が高いものの刺激がつよいというデメリットがあり、せっけん系は刺激が少なく洗浄力が高いというメリットがありますが、きしみやすいというデメリットがあります。このように、それぞれ一長一短があるため、自身の頭皮環境に合わせて選択することが重要です。

AGAやFAGAなどの薄毛に悩む方がシャンプーをする際に注意すべきなのは、頭皮から分泌される皮脂を洗い流し過ぎないことです。そもそも、皮脂は過剰分泌されると抜け毛の原因となりますが、頭皮を健康に保つという重要な役割があるため、少なすぎても薄毛の原因となります。皮脂は汗と混じることで皮脂腺という薄い膜となることで、外部刺激から保護したり、雑菌の繁殖を抑制するなどの働きをするとともに、水分の蒸発を抑制することで乾燥を防ぐ効果も発揮します。しかし、必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、水分の蒸発が促進されてしまい頭皮が乾燥してしまい、抜け毛が生じやすくなって薄毛を引き起こすのです。

特に、普段からフケが多い人やかゆみを生じやすい人は、頭皮の乾燥が進んでいる可能性があります。フケやかゆみが生じやすい人が、洗浄力の高い高級アルコール系やせっけん系のシャンプーを使用すると、さらなる乾燥を招くため抜け毛が生じやすくなります。そのため、よほど皮脂の分泌が多い人でない限りは、アミノ酸系のものを選ぶと良いでしょう。アミノ酸系は泡立ちや洗浄力が弱いものの、天然由来成分で製造されているため低刺激であることが特徴です。また、アミノ酸系の中から、特に乾燥を防ぐ保湿力の高いものを選ぶことで、より一層乾燥予防につながります。ちなみに、市販されているシャンプーは高級アルコール系であることが多く、育毛シャンプーと呼ばれるものはアミノ酸系であることが多いです。そのため、AGAやFAGAに悩んでいる方は、市販のものは避けて、育毛シャンプーの中から保湿力の高いものを選ぶと良いでしょう。

また、シャンプーには品質を保つといった理由から防腐剤などの添加物が使用されていますが、中には頭皮に刺激を与えるものもあるため注意が必要です。例えば、BHTやジブチルヒドロキシトルエンなどの防腐剤は頭皮への刺激が強いため避けた方が良いでしょう。シャンプー選びの際は洗浄成分だけでなく添加物にも気を配り、低刺激な天然由来成分が多いものを選択しましょう。

関連記事
プロペシアと併用したいミノキシジルの効果 2020年06月22日

ミノキシジルは、世界中で広く使用されている発毛剤です。もともと高血圧治療として開発された成分ですが、臨床試験において多くの高血圧患者に多毛が生じたことから、発毛剤として使用されるようになりました。1988年に世界初の発毛剤であるロゲインという外用薬がアメリカで販売開始されて以降、ミノキシジルを含んだ...

プロペシアのジェネリックには様々な種類がある 2020年06月19日

フィナステリドを有効成分とするプロペシアは、多くの人が服用している代表的なAGA治療薬です。フィナステリドは、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が生成される過程で、必要不可欠な5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する作用によりAGAを改善します。それは世界60か国以上で認証されてお...

プロペシアは女性と子供に使えない!その訳は 2020年06月17日

AGA治療薬であるプロペシアは、高い効果を発揮することから多くの医療機関で処方されている代表的な治療薬です。しかし、プロペシアは男性専用の治療薬であり、女性や子供は使えないため注意が必要です。AGAの原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)であり、過剰に生成されることで抜け毛...