• ホーム
  • プロペシアは女性と子供に使えない!その訳は

プロペシアは女性と子供に使えない!その訳は

鏡を見ている男性

AGA治療薬であるプロペシアは、高い効果を発揮することから多くの医療機関で処方されている代表的な治療薬です。しかし、プロペシアは男性専用の治療薬であり、女性や子供は使えないため注意が必要です。

AGAの原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)であり、過剰に生成されることで抜け毛が生じます。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、DHTの過剰生成を抑制することでAGAの改善につなげる物質です。一方、女性の脱毛症はFAGAと呼ばれ、主に頭皮環境の悪化や、加齢などによりホルモンバランスを崩すことで生じることが多く、男性ホルモンであるDHTは発症メカニズムに関与していません。そのため、FAGAに悩む女性が男性専用のプロペシアを服用しても症状改善にはつながらないのです。

また、女の人にとってプロペシアは単に効果がないだけでなく、服用が禁止されている治療薬となります。正確には、妊婦中の方やこれから妊娠する可能性がある方、授乳中の方は絶対に服用してはいけません。フィナステリドが生成を抑制するDHTは、成人男性にとってはAGAや前立腺肥大などを引き起こす厄介なホルモンですが、男児にとっては生殖器を成長させるために欠かせない物質です。そのため、男児を妊娠中の女性がプロペシアを服用してしまうと、有効成分であるフィナステリドが胎児に取り込まれてしまい、DHTの生成が阻害されることで生殖器官が正常に育たなくなってしまいます。

また、フィナステリドは皮膚からも吸収されるため、子供や女性がプロスペクトに触れる事も禁止されています。そのため、プロスペクトを服用する男性は、女性や子供が触れる事がないように厳重に管理しなければいけません。

また、フィナステリドは、もともと前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された物質であるため、これらの治療薬にもフィナステリドは含まれているため注意が必要です。特に、前立腺肥大の代表的な治療薬であるプロスカーは、プロペシアよりもフィナステリドの含有量が多いため、男性の精液に成分が移ることが指摘されており、服用期間中の男性と性行為をすると女性に悪影響を及ぼす恐れがあります。そのため、小づくり期間中はプロスカーは基本的に使えない治療薬となります。なお。プロペシアに関しては、精液に含まれるフィナステリドは微量であるため、女性に影響を与えることはないとされていますが、胎児への影響を心配するのであれば、小づくり期間の1~3カ月前から服用を中止したほうが良いでしょう。

このように、この有効成分であるフィナステリドは、頭皮環境の悪化やホルモンバランスを崩すことで生じるFAGAに効果がないだけでなく、男児の生殖器形成に悪影響を与えます。フィナステリドが含まれるAGA治療薬はプロペシアだけではないため、成分表示をよく確認する必要がありますし、女性や子供は服用しないとともに触れる事のないように十分に注意しましょう。

関連記事
薄毛に優しいシャンプーの選び方講座 2020年06月25日

AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女子男性型脱毛症)は、頭皮環境の悪化が原因のひとつとなって引き起こされます。健康な頭皮環境を作り出すには、生活習慣の見直しなどが求められますが、シャンプー選びも重要な要素のひとつです。基本的に、シャンプーは界面活性剤(洗浄成分)によって、主にアミノ酸系・高級アルコー...

プロペシアと併用したいミノキシジルの効果 2020年06月22日

ミノキシジルは、世界中で広く使用されている発毛剤です。もともと高血圧治療として開発された成分ですが、臨床試験において多くの高血圧患者に多毛が生じたことから、発毛剤として使用されるようになりました。1988年に世界初の発毛剤であるロゲインという外用薬がアメリカで販売開始されて以降、ミノキシジルを含んだ...

プロペシアのジェネリックには様々な種類がある 2020年06月19日

フィナステリドを有効成分とするプロペシアは、多くの人が服用している代表的なAGA治療薬です。フィナステリドは、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が生成される過程で、必要不可欠な5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する作用によりAGAを改善します。それは世界60か国以上で認証されてお...