• ホーム
  • プロペシアのジェネリックには様々な種類がある

プロペシアのジェネリックには様々な種類がある

髪を気にする男性

フィナステリドを有効成分とするプロペシアは、多くの人が服用している代表的なAGA治療薬です。フィナステリドは、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が生成される過程で、必要不可欠な5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する作用によりAGAを改善します。

それは世界60か国以上で認証されており、広く普及しているAGA治療薬ですが、近年は様々な種類のジェネリック医薬品が販売開始されたことで、患者の選択肢も広がっています。プロペシアのジェネリック医薬品は、先発薬であるプロペシアと同じ成分であるフィナステリドを使用しているため、治療効果や副作用は先発薬と変わりません。しかし、ジェネリック医薬品には、有効成分の開発費用がかからないため、費用を安く抑えることが可能というメリットがあります。

プロペシアの代表的なジェネリック医薬品としては、フィナックスやフィンペシア、フィナロなどが挙げられます。これらはプロペシアと同等成分を含んでいるため、服用方法も同じです。1日1回1錠(フィナステリドとして1mg)を最低でも6カ月間服用するのが、基本的な服用方法となります。また、食事に左右されない医薬品なので、食前食後どちらでも服用できますが、治療効果を安定させるために、なるべく毎日決まった時間に服用するようにしましょう。

副作用に関してもプロペシアと同等であり、非常に稀ではあるものの、性欲減退や勃起不全(ED)、射精障害といった男性機能の低下や、肝機能障害などが生じる可能性があります。また、有効成分であるフィナステリドは、男児の生殖器形成に悪影響を及ぼす物質であるため、女性や子供は服用できないとともに、触れることも禁止されています。なお、服用中の血液にはフィナステリドが含まれるため、服用期間中及び使用中止後1カ月は献血をしてはいけません。

このように、プロペシアにはフィナックスやフィンペシア、フィナロといった様々な種類のジェネリック医薬品が存在します。これらのジェネリック医薬品は、先発薬であるプロペシアと同等成分を含んでいるため、AGA改善の効果は変わりません。通常、プロペシアは最低でも6カ月間は服用しなければ効果が現れないため、経済的な負担はどうしても大きくなってしまいます。そのため、少しでも経済的な負担を減らしたい方にとって、安く購入できるジェネリック医薬品は有益な選択肢となるでしょう。

また、これらのジェネリック医薬品は、個人輸入を代行してくれる通販サイトでも購入可能です。フィナステリドを含んだAGA治療薬は最低でも6か月分は必要なので、服用期間分をまとめて購入しておけば、購入の手間を軽減できます。まとめ買いをすればお得になることもありますし、送料も無料になる通販サイトも存在します。費用を抑えたい方は、通販サイトでまとめ買いをするのも選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事
薄毛に優しいシャンプーの選び方講座 2020年06月25日

AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女子男性型脱毛症)は、頭皮環境の悪化が原因のひとつとなって引き起こされます。健康な頭皮環境を作り出すには、生活習慣の見直しなどが求められますが、シャンプー選びも重要な要素のひとつです。基本的に、シャンプーは界面活性剤(洗浄成分)によって、主にアミノ酸系・高級アルコー...

プロペシアと併用したいミノキシジルの効果 2020年06月22日

ミノキシジルは、世界中で広く使用されている発毛剤です。もともと高血圧治療として開発された成分ですが、臨床試験において多くの高血圧患者に多毛が生じたことから、発毛剤として使用されるようになりました。1988年に世界初の発毛剤であるロゲインという外用薬がアメリカで販売開始されて以降、ミノキシジルを含んだ...

プロペシアは女性と子供に使えない!その訳は 2020年06月17日

AGA治療薬であるプロペシアは、高い効果を発揮することから多くの医療機関で処方されている代表的な治療薬です。しかし、プロペシアは男性専用の治療薬であり、女性や子供は使えないため注意が必要です。AGAの原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)であり、過剰に生成されることで抜け毛...