• ホーム
  • プロペシアと併用したいミノキシジルの効果

プロペシアと併用したいミノキシジルの効果

鏡を見ている女性

ミノキシジルは、世界中で広く使用されている発毛剤です。もともと高血圧治療として開発された成分ですが、臨床試験において多くの高血圧患者に多毛が生じたことから、発毛剤として使用されるようになりました。1988年に世界初の発毛剤であるロゲインという外用薬がアメリカで販売開始されて以降、ミノキシジルを含んだ様々な発毛剤が登場しており、現在は内服薬も存在します。

それは、本来高血圧の治療目的で開発された成分なので、血管を拡張させる作用があります。血管が拡張することで血流も良くなるため、毛髪の成長に必要な栄養素を効率的に供給することが可能となり、毛髪の育成を促進する効果を発揮するのです。また、毛髪の生成に重要な役割を果たす毛母細胞を活性化させる作用もあるため、新たな毛髪の生成を促す効果も期待できます。

このように、ミノキシジルには高い発毛効果がありますが、より一層効果を高めたい方はプロペシアとの併用がおすすめです。プロペシアは代表的なAGA治療薬ですが、これはAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの生成を阻害することで、抜け毛を抑制する治療薬です。ミノキシジルとプロペシアは効果が異なるため、併用することで相乗効果を発揮します。プロペシアで抜け毛を防ぎつつ、ミノキシジルで新たな毛髪の育成を促進することで、それぞれ単体で使用するよりもそれぞれの力の高まりが期待できるのです。

また、ミノキシジルには内服薬と外用薬が存在しますが、日本で認可されているのは外用薬のみなので注意が必要です。内服薬は、血液によって有効成分を頭皮まで届けることができるため高い発毛効果を発揮しますが、その分副作用のリスクも高まります。一方外用薬は、内服薬と比べると薬の成分が浸透しにくいため効果は低くなりますが、副作用のリスクは低く安心して使用可能です。ミノキシジルの副作用としては、頭皮のかゆみが最も多く、かぶれを生じることもあります。その他にも、頭痛やめまい、動機などの症状が現れることもあります。特に、内服薬ではこれらの副作用が現れやすいため、何らかの症状が生じたら使用を中止して医療機関を受診しましょう。

また、ミノキシジルには様々なジェネリック医薬品が存在します。ロニタブは、内服薬であるロニテンのジェネリック医薬品です。ロニタブはロニテンよりも安価に入手できるというメリットがありますが、そもそもどちらも日本では認可されていないため、使用する場合は自己責任となるため注意が必要です。一方、外用薬は内服薬とは異なり副作用のリスクが少ないため、日本でも認可されています。ミノキシジル外用薬のジェネリック医薬品としては、ツゲインなどが挙げられます。副作用の少ない外用薬を使用したい場合は、ジェネリック医薬品の方が費用を抑えられるため、安全に安く効果を実感したい方はツゲインなどのジェネリック医薬品の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事
薄毛に優しいシャンプーの選び方講座 2020年06月25日

AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女子男性型脱毛症)は、頭皮環境の悪化が原因のひとつとなって引き起こされます。健康な頭皮環境を作り出すには、生活習慣の見直しなどが求められますが、シャンプー選びも重要な要素のひとつです。基本的に、シャンプーは界面活性剤(洗浄成分)によって、主にアミノ酸系・高級アルコー...

プロペシアのジェネリックには様々な種類がある 2020年06月19日

フィナステリドを有効成分とするプロペシアは、多くの人が服用している代表的なAGA治療薬です。フィナステリドは、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が生成される過程で、必要不可欠な5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する作用によりAGAを改善します。それは世界60か国以上で認証されてお...

プロペシアは女性と子供に使えない!その訳は 2020年06月17日

AGA治療薬であるプロペシアは、高い効果を発揮することから多くの医療機関で処方されている代表的な治療薬です。しかし、プロペシアは男性専用の治療薬であり、女性や子供は使えないため注意が必要です。AGAの原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)であり、過剰に生成されることで抜け毛...