公開履歴
髪が薄い男性

プロペシアは、世界60か国以上で認可されている世界初の医師が処方するAGA治療薬です。日本でも2005年に販売開始されており、現在は多くの医療機関で処方されています。高い治療効果があることから広く使用されていますが、副作用が現れることもあるため服用の際は注意が必要です。

そもそもAGAは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が原因で引き起こされる脱毛症です。DHTは、男性機能の働きに欠かせないテストステロンという男性ホルモンが減少することで生成され、男性機能を維持する働きをします。しかし、DHTには毛髪の育成を妨げて脱毛を促す作用もあるため、過剰に生成されてしまうとAGAを引き起こす原因となります。そのため、AGAを改善するには、DHTの過剰生成を防ぐことがポイントとなります。プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、DHTの生成過程で必要な5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する作用があるため、DHTの過剰生成を抑制することでAGA改善の効果を発揮するのです。

しかし、プロペシアは男性ホルモンに作用するAGA治療薬であるため、副作用として男性機能の低下を招くことがあります。プロペシアによって働きが阻害される5αリダクターゼという酵素には、1型と2型が存在するのですが、プロペシアが阻害するのは2型です。5αリダクターゼ2型は頭頂部や前頭部に多く存在するため、プロペシアを服用すると頭頂部や前頭部で生産されるDHTの量が減少することで、AGAの改善効果が期待できます。しかし、5αリダクターゼ2型は前立腺にも存在するため、稀に男性機能が低下することがあるのです。具体的には、性欲の減退やED(勃起不全)、射精障害(早漏及び遅漏)、射精量の減少などの症状が現れることがあります。ちなみに、性欲の減退の発現率は0.2%程度、EDや射精障害、射精量減少の発現率は0.1%未満と言われているため、過度に心配する必要はないでしょう。

また、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは肝臓で代謝されるため、服用した方の0.1%程度に肝機能の低下が生じることがあります。肝機能の低下は、倦怠感や食欲不振、黄疸、むくみなどの自覚症状が現れることもありますが、多くの場合無自覚であるため、血液検査によって判明することがほとんどです。そのため、医師の指導の下で正しく服用することが重要ですが、日常生活の中でも肝機能が低下しないように工夫する必要があります。過度な飲酒や喫煙、高カロリーな食事は肝臓に負担をかけるため服用期間中は可能な限り控えるとともに、有酸素運動や栄養バランス良い食事、十分な睡眠を意識しましょう。

このように、プロペシアを服用すると副作用として男性機能や肝機能の低下が現れることがあります。なお、副作用と間違えやすい症状として、初期脱毛が挙げられます。初期脱毛は、プロペシアの服用初期に一時的に抜け毛が増える症状のことです。抜け毛が通常よりも増えるため不安に感じる方も多いかもしれませんが、初期脱毛はプロペシアによって乱れたヘアサイクルがリセットされつつあるという兆候なので心配する必要はありません。初期脱毛において抜けるのは、ヘアサイクルにおける休止期と呼ばれる寿命が近い毛髪のみであり、これから成長する毛髪が抜けることはありませんし、古い毛髪が抜けた毛根では新たな毛髪の成長が始まっています。そのため、せっかくヘアサイクルのリセットが始まったにもかかわらず、服用を中止してしまっては新たな毛髪の成長を妨げてしまします。初期脱毛は副作用と間違えやすい症状ですが、遅くても3カ月程度で治まるため、初期脱毛が生じても忍耐強く使用し続けましょう。